AKBAN 光番 – について

AKBANは、日本国外にある忍術団体の中で、最も古い団体のひとつである。AKBANは1985年、イスラエルにて発足した。

何百人もの弟子が百人以上のベテランと一緒に武道忍術を練習し、世界の各地から格闘の知識を集めている。

イスラエル全土に約10人ほどいる指導師が、道場にて忍術の指導を行っている。すべての指導師が師範免許を持っており、最高クラスの武道で訓練を続けているものである。指導師は少なくとも15年以上の武道の訓練の経験があり、中には20年、30年以上も訓練を続けているものもいる。

われわれの行っていることのうち、最も代表的なことは、初めの頃は黒帯の試験のための技術的な知識を得るのに7年かかっていた(もちろん、必ず合格するかどうかは別だが)。武道忍術家としてさらに強い武道家になるために、忍術に関する技術だけでなくそれ以外の武道と格闘の知識も必要となった今、われわれの知識量はとても大きくなっていった。そのため、今では黒帯の試験に挑戦するためには、少なくとも10年から12年の歳月がかかるようになったのである。

われわれは武道の知識をピラミッドメソッドとして築き上げた。真の友情、さまざまな事柄に関する専門性は、- ”まだおむつにあるプロジェクト”のAKABAN- WIKIを生み出したのである。